ゾウさんおどらせるの、だあれ?
ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ? ゾウさんおどらせるの、だあれ?

ゾウさんおどらせるの、だあれ?

¥1,620 税込

送料についてはこちら

ワールドライブラリー / 215 x 298 x 8mm/28P/ハードカバー 著:アンゲロス・アンゲールゥ、エミ・シーニ イラスト:ソフィア・トゥリアートゥ 訳:いのうえ ゆり もしもぼくがもっと大きかったら、だれもチーズをよこどりしたりしないはず! 小さなネズミは、いつもくやしい思いをしてばかり。大きなカメの姿に感心していると、次々にもっと大きな動物を紹介され、ついにゾウにたどりつきます。そのゾウを簡単におどらせるのは、いったいだあれ? なんとネズミよりもずっとずっと小さな生き物でした。賢さと勇気があれば、体が小さくても力が弱くても大丈夫。ネズミは思い切ってチーズを取り返し、自信も取り戻すのでした。