きいろのてじなし
きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし きいろのてじなし

きいろのてじなし

¥1,188 税込

送料についてはこちら

フレーベル館/328 x 246 x 10mm/ハードカバー ブルーノムナーリ まるで手品師が、目の前でパフォーマンスしてくれているかのようなしかけ絵本。タイトルは「きいろのてじなし」ですが、その手品師は、お話の中には出てきません。「黄色の手品師」とは、一体だれ?この本を読んでいる、「あなた」? 読んでくれている「誰か」? いろんな解釈ができる点でも 楽しませてくれる一冊です。 <ブルーノ・ムナーリの1945シリーズ> 1945年、5歳の息子へのプレゼントに絵本を探したところ、よいものが見つからず、ならば、とムナーリが自ら手がけたシリーズ。本をめくるのが楽しくなる仕掛けがたくさん詰まった、まるでおもちゃのような絵本が全9巻。全巻全て揃えると、背表紙にムナーリのサインが現れます*